フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】

お金

資金調達の方法

不動産担保ローンは不動産の価値を評価することから始まりますが、適正な額が評価されれば、保証人なしで資金調達することができます。使途も制限されていないので、借金をまとめる場合に利用されることもあります。

詳しく見る

女性

住宅ローンの賢い利用方法

住宅ローンをお得に借りるためには、住宅ローン商品の特徴を良く理解しておく必要があります。例えば固定金利の代表的商品であるフラット35の場合は、同一金利がローン期間を通じて適用されるため、将来の金利予測が非常に重要となります。

詳しく見る

電卓

一括返済とリボ返済がある

キャッシングの返済方法には主に2つの手段があります。収入と支出を考えて毎月いくらなら返せるかによって選ぶ返済方法は変わりますが、それぞれの特徴を理解して適切な判断をすることが大切になってくるでしょう。

詳しく見る

男性

所有物件がある方への商品

不動産担保ローンとは、事業資金や他社一本化など様々な目的で利用される大口商品です。基本的に所有物件の債務よりも評価が上回った場合、その差額の数パーセントを融資してもらうことができます。また連帯保証人が必要ないと言ったメリットがあり、連帯保証人を探すことが困難な方には最適の商品だと言えます。

詳しく見る

マイホームをに入れる

貯金箱

入念な資金計画が大切

マイホームの購入の際に住宅ローンを利用する家庭が多いです。毎月の返済を少しでも楽にするためには、十分な頭金の準備が必要です。また住宅ローンは長期間の借入れになりますので、金利の変動も気になる点です。現在は金利が低く返済額も少ないですが、長期間の間には金利が上がる可能性もあります。金利が上がると毎月の返済額も上がりますので注意が必要です。フラット35は返済期間の35年間同じ金利で返済していく住宅ローンです。長期の資金計画がスムーズに行えます。フラット35の金利はここ数年で安定していきています。数年前に比べると低く、マイホームの購入の際に利用する住宅ローンの候補になります。フラット35は別途団信保険に加入する必要があります。万が一に備えることで安心して大きな買い物が出来ます。フラット35を利用したい場合は、審査に通る必要があります。通常の銀行で用意されている住宅ローンとは少し違った方法で審査を行います。銀行に比べて個人事業主や契約社員などでも通りやすい傾向にあります。銀行系の住宅ローンの審査が厳しい人にもおすすめです。自己資金は物件の一割程度プラス諸費用を用意する必要があります。メリットとデメリットがありますので、よく理解したうえで利用する必要があります。またすでに他の住宅ローンを利用している人でもフラット35に借り換えすることもできます。金利の変動の心配がありませんので、金利の低い今の時期を検討の時期とするという方法もあります。

Copyright© 2018 フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】 All Rights Reserved.