フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】

住宅ローンの賢い利用方法

女性

計画的に返済できる

住宅を購入する際には金融機関から住宅ローンを活用するのが一般的ですが、住宅ローンは高額の融資であるため、上手く借りれるか否かで将来支払う必要のある利息総額に大きな差異が生じます。そのため、住宅ローンを借りる際には、ローンの適用金利がどのように決まるのか、またどのタイミングで固まるのかといった特徴を良く把握した上で借り入れの判断を行う必要があります。例えば住宅ローンの代表的な商品であるフラット35の場合、最大の特徴はローン期間中の金利が変動しない固定金利タイプの商品であるという事です。つまり、借り入れを行った時に決定された適用金利がローン期間を通じて適用されるため、フラット35の利用が適しているかどうかはその時の金利水準は勿論のこと、将来金利がどのように推移する見通しであるかを予測する事が重要になります。具体的には、将来的に金利水準が現行水準より低くなると予想される場合には、高い利率で固定されてしまうフラット35を利用するより、変動利率タイプの住宅ローンの方が支払い利息総額は少なくなる可能性が高いです。逆に今後金利がどんどん上昇していくと予想される場合には、フラット35を利用した方が支払い利息総額を抑えられる可能性が高まります。また、住宅ローン金利は基本的には融資依頼を行ったタイミングではなく、実際に融資を受けたタイミングで決定されるという点も大きな特徴です。融資依頼から融資実行までには数週間かかるため、この間の金利変動リスクについても考慮する必要があるのです。

Copyright© 2018 フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】 All Rights Reserved.