フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】

所有物件がある方への商品

男性

不動産を担保に融資が可能

不動産担保ローンとは文字通り不動産を担保にしたローンのことを意味します。銀行や信販会社や消費者金融などあらゆる金融機関で取り扱っており、大口の金額を対象とした商品になっています。不動産担保ローンは、事業資金や他社での借り入れの一本化など様々な目的で利用されることが多く、自己所有の物件をお持ちであれば審査対象となりお申し込みをすることができます。この不動産担保ローンの特徴ですが、所有物件を持っていれば融資を受けることが出来るという意味ではありません。不動産によってそれぞれ価値が異なりますが、基本的に現在その不動産に残っている住宅ローンなどの債務金額よりも評価額が高い場合のみ、審査を続けることができる仕組みになっています。そのため、借り入れしてまだ間もないなど、ローンの残高がかなり残ってる場合、申し込みできないかもしれません。しかし、物件の評価とは、土地と建物のみで評価を出すのではなく、生活環境など周辺の状況も考慮されるため、思っている以上に高い評価が付く場合もあります。そのため諦めずに一度相談されると良いでしょう。そして、ローンの残高よりも評価が上回った場合、次の審査に移ることになりますが、一般的に評価額とローン残高の差額のうちの数パーセントを融資してもらうことになります。そのため差額分の金額全てを融資してもらえるという意味ではないことを知っておくと良いでしょう。また不動産担保ローンのメリットとして、連帯保証人が必要ないという特徴があります。大口の金額を融資してもらう場合、必ず連帯保証人が必要となりますが、不動産を担保にしているため、他の方に内緒で利用できるという特徴もあります。そのため連帯保証人を探すことが困難な方にとっては最適の商品だと言えます。不動産担保ローンとはこのような特徴をもった商品となります。

Copyright© 2018 フラット35の金利や審査の実情は?【住宅ローンの候補】 All Rights Reserved.